☆沖縄の観光におすすめスポット!ガンガラーの谷♪

*沖縄
スポンサーリンク

沖縄では、毎回したことがないことをしたり、せっかくだから、行ったことがない所にも行きたい!

今回は、「おきなわワールド。文化王国・玉泉洞」のすぐ向かい側にある沖縄の観光スポット

ガンガラーの谷」に行ってきました!

はっきりいって、こんなに楽しい冒険のような旅になるとは(´▽`)

と思うくらい、子供たちの中にも、刻まれたと思います。

「ガンガラーの谷」を最初から知っていて、行くことになったわけではありません。

 

沖縄のどこにいってみようか?

パワースポット的なところも行ってみたいよね!

 

・・・と調べますと、

沖縄は、パワースポットといわれる聖地がたくさんあって、詳しくは、また紹介しますね♪

こちら

 

その中でも、

    • 案内をしてくれるガイドさんがいること
    • 子供でも楽しめる
    • 空港または、宿泊する場所から、なるべく離れすぎないところ

 

を条件にして探しました。

スポンサーリンク

ガイドさんがいると、こんなに違う!

 

なぜ、プラスでお金を出してまで、ガイドさんがいることを選んだのか?

私(わんこ)は、某有名なお寺でお仕事をさせてもらう機会がありまして、その期間毎日いろんな観光客をみるわけです。それで思ったのが、

 

断然!

ガイドさん。特に団体ではなく、個人旅行で地元のタクシーの方の案内つきや、

通訳さんを頼んでいる方のほうが、詳しく楽しく説明をしてくれて、

学びが深い=同じものをただ見ているだけより、楽しい!

ということをものすごく感じたのです!

 

例えば、お寺に入る前に、普通なら、チケットを買ってささ~っと通りすぎる玄関。

ガイドさんがいれば、

玄関、階段をあがったところに、赤いカーペットが敷いてある部分。

「ここから先は、屋敷の主の了解がないと勝手に入ってはいけない、ということなんですよ、

勝手に入ると無礼者!と切られることもあります。位の高い人の家はこうなっています。」など

説明してくれるのです!

 

 

へええ~と理解しながら行くほうが

断然楽しいですよね!

 

なので、パワースポットにしても、

だた、沖縄の観光で有名なパワースポットといわれる山を登るだけではもったいない!

楽しさ半減だ!と思いました。せっかくだしね!100%楽しむ気で

いきたいよね!っと。

 

そして、選んだのが、「ガンガラーの谷」

ツアー代金と予約。

こちらは、ツアーでないと入場できませんので、あらかじめ電話か、インターネットで時間等、予約していってくださいね!

代金には、ツアー代、飲み物代、保険代も含まれます。

www.gangala.com/

 

*1名2200円(保護者同伴の中学生以下無料)

*高・専門・大学生1名1700円(学生証提示)

*貸切ツアー代金1~20名まで 34000円(1名追加ごとに1700円追加)

 

行き方

空港から那覇市内とは反対側なので、空港についたら、予約していたレンタカーを受け取って、そのまま

沖縄 観光スポット「ガンガラーの谷」へ、向かうことにしました♪

(那覇空港からは、約30分)

*レンタカーがない場合も旅行会社のツアーや、個人で行きたい人は、

おきなわワールド・ガンガラーの谷(玉泉洞前)まで行く琉球バスがモノレール旭橋駅近くの那覇バスターミナルから出ていますよ。

 

琉球バス系統

54番「前川線東風平廻り」

83番「玉泉洞線東風平経由」

 

服装の注意点

必ず、こうでないと入場できません。という決まりは、ありませんが、やはり、山の中。

草木や、虫さされを考えると、長袖、長ズボンのほうが好ましいですよね。また、

もりは、意外と涼しい。約1時間20分ほどのツアーです。

季節に合わせて、また、肌が弱い人小さなこどもは、薄目でも長袖、長ズボンが安心ですね

雨天でもツアーはされますが、あまりにも悪天候の場合は、中止されます。

急にツアー参加時に雨がふってきたわ~という場合もツアー受付で簡易ビニールカッパを100円で買うことができますよ。

もちろん、足元は森を歩き回るのでスニーカーで!

急にデートに「ガンガラーの谷」をサプライズで予約するのは、やめておきましょう(笑)

私(わんこ)、まだ子供がいないときに、旦那と急に山つつじが有名な場所があるから行こう♪

と言われて、行ったのが、本当に山で。。。

全く、山に登る格好ではなく、大変だったのを思い出しました。(笑)

服装はともかく、足元だけでもしっかりと!

そして、到着!

「おきなわワールド。文化王国・玉泉洞」の向かい側。

車を停めて進んでいくと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 思わず写真を撮りたくなる世界!!

 

すご~~~い!!

全部、作り物ではなく、自然の力によってできた鍾乳洞の中

そこに鍾乳洞の「ケイブカフェ」があります。ガンガラーの谷ガイドツアー予約の待合場所になっていますので、そこで待っているとガイドさんが呼びに来てくれます。

そこでは、夜間パーティーやイベントの利用もできるそうですよ。

夜は、またちがった雰囲気で素敵なんだろうな~。

 

さあ、お茶を首からさげて出発!←いる方は持って行ってくださいね~と、首からさげるホルダーつきで用意してくれています。

 

一列になって歩きますが、

前と後ろにスタッフの方がついてくれて、

安心。

いざ!出発です。

なんだか、どんどん山を歩くイメージですが、

すっごく急な道でもなく、亜熱帯の森なので

経験したことのある山登りとは全然違う。

それに、ガイドさんが草や木についても楽しい話をしながら

歩いてくれますので、飽きることがないです。

子供は、いろんなところで寄り道♡

 

 

 

 

 

約1万8000年前に生きていた日本人の祖先と言われている「湊川人」居住区としての可能性も高く、今でも発掘調査がおこなわれているそうで、私達が行った時も、発掘調査中の部分はシートがかけられていたり、とてもリアルな感じでした。

人間の原点。ルーツ。生活。

ガンガラーの谷では、「自然」や「命」に思いを巡らせながら体感することをコンセプトにしているそうです。

この場所のパワースポットといわれる場所は、

一つは洞窟の手前に「母神」と言われる真っ暗な深い穴があります。

ガイドさんの話によりますと、沖縄にはユタと言われる代々不思議な力を受け継ぐ霊能者、占い師が存在します。私もテレビで見たことあるな~。

その方々が、この森のなかの道を

ツアーでまわれるように整えているときに入ってきて、

その穴に「立て看板」を急に立てていった・・・とおっしゃっていました。それが母神です。

なんとなく、写真をとるのを遠慮しました。

そんな雰囲気です。

その奥に進んでいくと

洞窟があります。そこまでも、森の中の自然にできた川を横に

子供も大人も楽しんで進んでいるのですが

ここからは、ますます冒険というかんじですよ♪

 

ランプを一家族に一つずつ渡されて、真っ暗な洞窟を入っていきます。

命の誕生を願う洞窟。

 

三女どころか、長女、次女も内心ドキドキだったはずです!

この先に、「父神」と呼ばれるパワースポットがあります。

 

ツアーは、これで終わりではありませんよ~♪

森をみわたせるツリーハウスにのぼっていきます。

スタッフさん、手作りなんだとか!!

すごっ!

 

海も見えて、ちょっとお茶休憩。

 

「おきなわワールド。文化王国・玉泉洞」の楽しそうな音楽も聞こえてきます。

ちょうど、入り口で沖縄の踊りが始まる時間だったようです。

 

 

 

森の賢者(大主 ガジュマル)

 

そして、この「ガンガラーの谷」の

シンボルツリー、すごく大きいガジュマルの木のところまで行き、冒険ツアーは、終わりです。

ガジュマルの木に着くまでにも、途中で自然によって作られた、こちらに落ちてきそうな大きな岩や、川。長い年月かけて雨や風で作られた、普段見ることのない亜熱帯森林の中の地形や木々。

その中で、人が住んでいた痕跡が実際にたくさんあって、

大昔の人がここで生活していたんだ。。。という不思議な感覚。

 

壮大な自然にとても癒されて、気持ちよくみんなで過ごした「ガジュマルの谷のツアー」でした。

ベビーカーと車いすが入れないので、お年寄りも赤ちゃんも是非!とは言えませんが、

三女よりも小さい年少さんくらいの子も楽しんで歩いていました。

季節のよって、また森の見せてくれる表情もちがうのでしょうね。

また、行きたい!

 

そして、 「わんこファミリー」、パワースポットとか、信じるほうではありませんでしたが、

このさきの旅、いろいろありながらも、すごくラッキーなことも起こり、そのせいなのかは、わかりませんが、

この神秘的な「ガジュマルの木」の力と、「ガンガラーの谷」のパワーだと!

「わんこファミリー」盛り上がっています!!

 

あなたも是非、体感して来てください!

 

 

*沖縄
スポンサーリンク
わんこをフォローする
スポンサーリンク
しばわんこの朝

コメント

タイトルとURLをコピーしました