☆子供の視力低下をストップ!予防はできる?先生おしえて~

・健康
スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供の視力低下、気になりませんか?

新学期になり、身体測定や体力測定などの学校検診が

おこなわれる時期ですね。

「わんこファミリー」の子供たちも、学校から帰ってくると、「今日は内科検診があったよ。」

「きょうは、歯の検査だったよ。」と

話してくれますが、

次女がぽつっと、「また目が悪くなったわ~。両方ともBだった~」と言います。

えっ!!えっ!!また、悪くなった?!(@_@;)

がががが~~~~ん!!!(ToT)/~~~

去年の学校の目の検査で右がB。左は、A。だったので

本は、寝転がってみないなど、気にしてはいたのですが、

ショック!

進行している!!(涙)

いまの所、目が悪くなってきているのは次女だけ。

本が好きでよく本を読む。車でも読みたがるから、それこそ目が悪くなりそうだし、

やめさせましたが・・・テレビゲームもほぼしないので

やはり原因は読書なのかな。。

 

さ、どうしたものか。絶対、紙もらって帰ってくるからなあ~。

 

病院に行くべきか?

学校検診のBってどのくらいなの?

目が悪くなる原因は?

これ以上悪くならないように何かできるの?

と、疑問がたくさん。

***************************************

子供の視力の低下について

****************************************

学校検診の結果、病院へいったほうがいいのは、どのくらい?

うちの娘、去年は、片目だけBで、今年は、両目ともBになりました。

学校検診のBって、どのくらい目が悪いんですか?病院へ行ったほうがいいレベルですか?

 

 

はい。まず、学校検診の視力検査は、通常の眼科で行う検査とは違います。A,B,C,D

による判定で370方式といいます。これは、学業への影響があるかどうかを

短時間で3種類の視力(0.3・0.7・1.0)に分けてあらわした視力表

を使って検査するものです。

A(1.0以上)教室の一番後ろにいても黒板の文字が楽に読める

B(0.7~0.9)教室の真ん中より後ろにいても黒板の文字がだいたい読めるが小さい字だと

見ずらこともある。

C(0.30~0.6)教室の真ん中より前にいても小さい字があまり見えない。

D(0.2以下)一番前の席に座っても、眼鏡などがないとはっきり読めない。

こうなっています。

 

A判定以外の検診結果のばあいは、眼科で一度視力検査をして、詳しく調べる

必要がありますね。是非、行ってください。

 

目が悪くなる原因

目が悪くなった原因は、なんでしょうか。

本を読む姿勢はきをつけていたのに・・・

 

原因は、遺伝と生活環境と言われています。

両親共が、強度の近視の場合は、その子供は小さいときから近視になりやすく、

強度近視ではなく、片親だけが近視などの場合も両親とも近視ではない子供に比べて、

近視になりやすいと言われています。ですが、それは、確率が高いというだけで、その他にも

生活環境が深くかかわっていることが分かってきています。

・本を読む

・字を書く

・パソコン、スマホ、ゲームをする など

昔より近距離の作業も増加したことで「屋外で活動する機会が減った」ことも

大きな要因と言えます。

目の奥行きの長さを眼軸長(がんじくちょう)と呼びます。

この眼軸長が伸びることが近視の原因であることが多く近視の遺伝がある場合や長時間近くをみることで眼軸長は伸びるとされています。

 

 

 

 

屋外で活動することと、目の関係

屋外で活動する機会が減ると、なぜ目によくないのですか?

 

2007年欧米で行われた研究では、両親ともに近視でも、屋外活動の時間が長ければ近視の発症リスクが抑えられることがわかっています。

また、両親が近視の子供のうち、一日の屋外で活動する時間が1時間未満の子供より、2時間以上活動する子供のほうが近視になりにくい。というデータもあります。

運動量と近視は関係なく、「屋外で過ごす」ことが重要だとわかってきています。

では、なぜ、屋外がいいのか?

それは、2017年に発表された「バイオレットライト」との関係です。

バイオレットライト」とは太陽光に含まれた紫色の波長の光のことで、近視進行の抑制と

深く関係していることがわかりました。

「バイオレットライト」が目に入ると「EGR1」という近視進行を抑制する遺伝子が活性化されることがわかったのです!

 

 

 

バイオレットライトについて

「バイオレットライト」って、すごいんですね!

うやって、何に気を付けて取り込んだらいいですか?

 

 

 

UVカットガラスやほとんどの売られているメガネやコンタクトレンズは、

「バイオレットライト」を紫外線と一緒にカットしてしまっています。

学校や、車、家の窓ガラスもそうです。

気を付けて、「バイオレットライト」を取り込まなくてはいけませんね?

近視進行の抑制のために「バイオレットライト」を取り込むなら、

「バイオレットライト」が多く含まれると言われる午前中に多く活動しましょう。1日2時間を目安に屋外で

過ごすといいとされています。屋内で過ごすときも窓をあけて太陽光を取り入れるだけで効果があります。

それだけではなく、生活環境の見直しも必要ですよ。

・本から約30cm目をはなす。

・スマホ、ゲームの取り扱い。

・勉強や食事をするときの姿勢。

などです。

最後に、これから暑い季節がやってきますので、「バイオレットライト」をたくさん取り込もう!と

直射日光を浴びすぎるのも紫外線などの影響でよくありません。日陰でも、取り込めますし、熱中症には十分気を付けて元気に過ごしてくださいね!

わかりました!ありがとうございました!「わんこファミリー」も

子供たちと知識を共有して、一緒に取り組んでいきたいと思います♪

 

 

 

 

 

・健康
スポンサーリンク
わんこをフォローする
スポンサーリンク
しばわんこの朝

コメント

タイトルとURLをコピーしました