貧血は鉄分を多く含む食材で予防!季節別食材♪

・健康
スポンサーリンク

「あ~、くらくらする・・・」

急にフラッと立ちくらみ・・・なんてこと、経験ありませんか?

毎日の生活で

鉄分を多く含む食材を使って料理をして、貧血予防をしましょう♪

 

貧血の症状と原因、子供の鉄分不足が危険!の記事でも

話にでましたが

鉄・タンパク質・ビタミンCなどを豊富に含む食材

意識して摂取していきましょう。

スポンサーリンク

「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」

鉄は、肉や魚などの動物性食品に多く含まれる「ヘム鉄」と

野菜や穀類などに含まれる「非ヘム鉄」があります。

日本人は、一般的に「非ヘム鉄」から鉄分を接種することが多いと

言われています。が、

非ヘム鉄」よりも「ヘム鉄」の方が鉄としての吸収率がいいことが

わかっています。

ですが、たんぱく質、アミノ酸、アスコルビン酸(ビタミンC)と

一緒に摂取すると、吸収が高まるので、吸収率が低い「非ヘム鉄」も、一緒に

食べる食材との組み合わせ次第で鉄分の吸収率を高めることができます

また、鉄分の吸収率は、体内の鉄貯蔵状態によって違ってきます。

鉄貯蔵量が少ない場合は、高くなり、多い場合は低くなります。

人間の体ってすごいなあ~

季節別  鉄分・タンパク質・ビタミンCを多く含む食材

 

 

   (食品100g当たりの鉄分含有量

カツオ (1.9)

赤貝 (5.0)

あさり (3.8)、あさりの佃煮(18.8)

菜の花 (1.7)

ひじき(55.0)

イチゴ (0.3)

 

鮎(焼)(5.5)

マグロ (1.6)

アナゴ (0.9)

ゴーヤ (0.4)

オレンジ (0.3)

にんにく (0.8)

 

イワシ (丸干)(4.4)、みりん干し(4.3)

カツオ (1.9)

さつま芋 (0.7)

干し柿 (0.6)、柿(0.2)

えのき (1.1)

いちじく(0.3)

栗 (0.7)

 

カキ (1.9)

ブロッコリー (0.7)

大根(0.2)、切り干し大根(9.7)

ほうれん草 (0.9)

かぶ (1.5)

はまち (0.9)

 

 

 

一年を通して

干しエビ (15.1)

ひじき(55.0)

卵 (6.0)、ゆでたまご(1.8)

大豆(乾)(9.4)、きな粉(9.2)

じゃがいも(0.4)、マッシュポテト(乾)(3.1)

干しぶどう (2.3)

レバー(牛)(4.0)

レバー(豚)(13.0)

レバー(鶏)(9.0)

1日3食の鉄分を多く含む食材、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、

ミネラルなどの栄養バランスが整った食事をすることが「貧血予防」につながります。

サプリメントもうまく活用することもいいですが、長期間飲み続けるより、やはり、食事からとれたらいいですよね!

 

 

 

 

・健康
スポンサーリンク
わんこをフォローする
スポンサーリンク
しばわんこの朝

コメント

タイトルとURLをコピーしました