疲れとストレスをためると蕁麻疹?!自律神経の乱れで危険信号!

・健康
スポンサーリンク

 

知らず知らずのうちに溜まっていく疲れとストレス。

そんな気はないのに出てきた体の不調。

私(わんこ)は、蕁麻疹が出てきました。

それも、ぽつぽつではなく、顔半分が腫れあがるという お岩さん状態です。。。

「心因性(疲れとストレス)の蕁麻疹でしょう。」

という結果でしたが、それって、どういうことなのか?

調べてみました。

この先、繰り返さないために予防したい気持ちで!

一緒にみていきましょう~。

 

まずは、

蕁麻疹とは?

蕁麻疹(じんましん)は、0歳からなる可能性があり、一生のうちに約20%の人が一度は経験すると言われています。男性よりも女性の方が経験する人が多く、特に20~40歳に多いそうです。

蕁麻疹は、赤み、かゆみや痛みを伴うことも多く、原因や誘因をはっきりさせることは非常に難しいそうです。皮膚科では、それぞれの症状や病気の状態に合わせた治療をしていきます。

蕁麻疹の種類も様々です。

 

①突発性蕁麻疹(急性蕁麻疹・慢性蕁麻疹)←医療機関を受診される蕁麻疹で最も多い

②コリン性蕁麻疹 ←長引きやすく汗をかいたときなどに起こる10~30代に多い

③食物、薬剤、環境物質、感染性微生物による蕁麻疹、物理性蕁麻疹

④食物依存性運動誘発アナフィラキシーによる蕁麻疹

⑤血管性浮腫

じんましんの7割は原因不明と言われている。

 

 

私(わんこ)は、①の突発性蕁麻疹だったようで、アレルギーや物理的刺激が原因ではなかったようです。長時間の慢性的な疲労と緊張。ずっと何かを考えているとかあたまを使い続けるのも緊張状態が続く状態だそうです。

蕁麻疹は、緊張から解放されてほっとリラックスした瞬間にでる場合もあり、入浴後に体があたたまった時や、布団に入ってリラックスしたときに出たりすることが多いそうで、確かに、

わんこも、痒みが出てきたのは寝る直前でした。

 

スポンサーリンク

そこで、自律神経に注目です。

自律神経は、循環器、消火器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

運動時など興奮したときに活発になる交感神経とゆったりリラックスしているときにの副交感神経で成り立っています。その2つのバランスが整っていてこそ、健康が維持できるのですが、

不規則な生活やストレスによってバランスが崩れてしまうのが「自律神経の乱れ」です。

自律神経が乱れると体の器官にさまざまな不調があらわれます。

 

私の場合は、顔の半分が腫れるという形で、出てしまいました。

 

「健康とは、質の良い血液を体のすみずみまで流し、血流を司る自律神経と腸をいかに健康に保つかがポイントだ」とおっしゃっているお医者さんの記事を読んだことがあります。

現代人は、ストレスを受けやすく、つい交感神経が優位になりがち。

そうなると、血流がわるくなり、便秘や冷えなどの症状が現れ、免疫力も低下してしまいます。

 

しかも!残念なことに・・・

交感神経は生涯を通じて、あまり変動しませんが、リラックス時にはたらく副交感神経は、

男性は、30歳あたりで女性は40歳を過ぎたあたりで急降下してしまうのです\(◎o◎)/!

 

女性の場合は、体の変化が大きく訪れるのが40代。動機や肩こり、頭痛やほてりなどの更年期障害と言われる症状は、加齢による女性ホルモンの低下が自律神経にストレスを与えることによって起きてくるそうです。

入浴やアロマなどの香り、自分の好きな趣味に没頭する時間を作って副交感神経を使うように意識して過ごすことが大切になってきます。

毎日、家族の用事に追われてちょうど忙しいこの40代。

自分の体のことも大切にしてあげないと大病につながってしまいます。

 

自律神経を整えるために=腸の働きをよくする

自律神経と腸のバランスが大切!

腸と自律神経は、密接な関係にあって、腸の働きをよくすると自律神経が整います。

腸は脳にも影響を与える臓器で「腸は第二の脳」と言われるほど大切なものです。

 

「ストレス」が便秘や下痢を引き起こす。

・ストレスをためない。

・腸内環境を整える ←食物繊維や発酵食品をとりいれる食生活

 

深呼吸や「4と8の呼吸法」をする

4つ数えていきを深く吸い、8数えながらゆっくり吐く。ことで、副交感神経を刺激します。

朝日を浴びて起き、夜は早めにねる

当たり前のことが、とても大切。規則正しく明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。というのは、東洋医学的にも、陰(夜)と陽(朝)の関係からも言われていることです。

 

ほどよい運動と体操、ストレッチ

朝のひかりを浴びて起き、副交感神経のスイッチをいれてからウォーキングや、無理のないストレッチをしたりすることで、自律神経が整います。

老後のためにも、足腰をじょうぶにしておくことは大切です。

スクワットを1日20回するのが効果的だと読んだことがあります。

 

有名女優さんも毎日モデルの娘とスクワットをしているとインスタに挙げているのをみました!

私もウォーキングをする時間はないけど、スクワット20回ならできるかも♪

 

冷えは万病のもと

首と名の付く部位を温めることで副交感神経の働きを高めます。

 

自律神経を整えるのに必要な栄養素

・ビタミンB群やビタミンC、ビタミンK・・・野菜や穀類に多く含まれる

・ビタミンAやカルシウム・・・乳製品や卵などに多く含まれる

・必須アミノ酸やマンガン・・・肉や魚などに多く含まれる

・マグネシウム・・・大豆製品に多く含まれる

 

それぞれの食材をバランスよく食べることが大切です。

 

「疲れとストレスで蕁麻疹」を調べてみて。

 

もう、体力と気力でのりきった20代、30代の頃とは確実にかわりつつある自分の体を

今回の蕁麻疹の経験を通して感じずにはいられないわんこです。。泣

しかし!じょうずに年を重ね、健康に体調よく過ごせれば、怖いものはない!

まずは、努力して、ゆっくり過ごすこと。

最近、疲れてるな。

なんとなく、体調が悪いな。

と、感じたときがまずは、小さなサインです。

私(わんこ)もそんなタイミングは多々ありました。が、生活で省けるものはない。

母親業もめいいっぱいして、(特に夏休み。。。)仕事もして、

この暑さ。エアコンでは、足元冷える。

悪条件が重なってしまいました”(-“”-)”

 

疲れたな、と思ったときに、少しでも体を休めればよかったと、体を壊してから気づくものです。

 

そう!健康な時に気を付けてね!っていっても、響かないものですよね。

みんな毎日いそがしい。

けれども、

少しでも自分の体を意識しながら過ごしましょう!

少しでも、ゆっくりめを意識して生活しましょう!

 

 

 

・健康
スポンサーリンク
わんこをフォローする
スポンサーリンク
しばわんこの朝

コメント

タイトルとURLをコピーしました