中学生長女の将来の夢、進路をきめる季節

・生活
スポンサーリンク

**********************************************************************

あなたは、中学生の時、将来なりたい夢や行きたい学校、やりたいことをはっきりと言えましたか?

**********************************************************************

長女は、中学3年生。

思春期の真っただ中ですね。

反抗期は・・・小学校高学年の時が最高にひどかったので、

あの頃がうそのように、家の手伝いもしてくれたり、共通の話題で同じように

盛り上がったり、すっかり成長してきたなあ。と感じます。夏休みは

私が仕事でいない日は、妹たちのお昼ごはんを準備してくれたり、本当に助かりました。

もちろん、大人ではないので、小学二年の三女と本気の言い合いをしていることもある、まだまだ子供なのです。( 一一)

 

中学生の親子の一例として、読んでみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

中学3年生 進路希望調査

親から見ると、好きなことがはっきりわかりやすい長女ではありますが、

大きくなったら、何になりたいか?

将来、何がしたいのか?

幼稚園の頃に「プリキュア」といったのが最後か、低学年の時に「ケーキ屋さん」といったのが

最後か。全く、将来について、話してくれません。

 

ですが、中学3年ともなれば、何か、あるでしょ?はっきり、なにになりたい!どうしたい!と

までも言えなくても、とりあえずこうしてみてから考えたいとか、

大学には行ってみたい。とか。

 

←子供たちが興味を持った時にみるかな~と、さりげなく

置いていますが、さりげなすぎるのか、最近誰も存在を覚えてないんじゃないか・・・と思う。

もう一度、リビングにおいてみようかな。

 

 

 

 

子供からの声が聞きたいのが親ですよね。どんなことでもいいんだけどなあ。

 

中学校でも一学期から、進路希望の紙が渡されて、第三希望まで書いてきてね。と、言われます。

 

「ねえねえ、なんてかけばいい?」

 

という娘。

カチンときてしまうのは、私だけでしょうか・・・(*_*)

 

 

学校名が全く分からない。とか、学校見学に行ったことがない。とかなら、もちろん

学校の名前すらわからなくて当然ですが、わんこファミリーでは、すでに

娘とも学校見学や文化祭にまで足を運び、親としては目指すべき学校が見えているものだとおもっていましたが。

なんて、かいたらいいか?それ、ママが言うの?

ここに行きたいって。。。あれ?あの学校に行きたいと思ってないの?

となるわけです。

 

長女は、なんでもママに聞きたいタイプなので、そんなことは自分で考えて。という事も大きくなるにつれて増えてくるし、だんだん、親のいう事にも少しは耳を傾けるようになってきたのかな?と

感じることも増えてきましたが。

 

進路を決めるとき、最後はじぶんで選択して決めてほしい。と思うので、どうしても最終の進路希望を出す二学期の期末テスト後進路希望調査までには、長女の口から、しっかりと聞きたいのです。

雰囲気で私が行きたい学校はここだってわかるでしょ?という風には進めたくないのです。

 

実際、娘もその高校に行きたいと思っている様子は親なので わかりますが。

進路決定。学校選び

高校をどこに行くかって、その先の自分のなりたいものに近づける見通しの立てれる学校にいけるのが一番だけど、将来がまだまだわからない、夢がまだない場合は、その夢を見つけられるような

いろんなことを教えてくれる学校に入りたいし、

調べていく中で、夢がまだなくて、とりあえず高校にいく人こそ、知名度の高い学校に頑張って入ることで、その先が広がると書いてありました。

結局、大学名で就職が決まってしまう世の中だから、手に職をつける職人さん希望でなければ

それもそうだな~と思ってしまいます。

 

まずは、高校卒業した後、働くのか?

大学に行ってみたいのか?

 

という選択肢によりますが

娘は、何になりたいか?の質問には、だまってしまいますが

大学には行きたいと思っているそうなので

そこにつながれる高校生活が出来る場所。を基本に考えました。

進研ゼミの話でも長女の勉強については、たくさんかいたのですが、

親としては、大学受験まで見据えた高校選びをしました。

そうやって、外せないポイントを絞っていき、学校見学に行ってみると

ここに行きたい!という学校が出てくるものなんですね。

学校見学は、カタログではわからない学校の雰囲気や、実際その学校に通われている

生徒さんたちの雰囲気もわかりますし、行ってみてよかったです。

結果、条件的には良かったほうよりも、

もう一つ検討していた学校の方が娘にもぴったりでした。

 

そう!ぴったりなのを本人もわかっているのに、そこに行きたい!と自分の口から言えない。

それは、なぜか。

 

勇気

 

だそうです。

そうしたい!といい出す勇気!

現代の子はそれが足りない。と。

 

今、それを口に出せずして、いつ出すの!!

 

いまでしょ!!!←だんだんママ不機嫌ピーク。

ぼやき

親はいつも、やきもきします。( 一一)

 

が。。。

振り返れば、自分もはっきりしない子だった。学校も親が言うとおりにしても、全く不満じゃなかった。ただ、小さいときから、「保育士になりたい。」という夢があったから、親は、

やりやすかったと思う。

 

娘三人、みんな何する人になるのかな~。

何回もまた、これから、やきもき させられるんだな~

 

げっそり。

だけど、幸せになってほしい。

最後は、そこ。

口に出したら、その通りしないといけないとか、思ってるのかなあ~

いや、本気で、やりたいことがわからないっぽいな。とも思いますが。。。

これから、前向きに探せる環境にいけたらいいな。

 

で、進路希望第一は、ママと同じ思いでいいの?笑

ちゃんと、聞きたい。笑

 

みんなは、どうやって、進路をきめるのかなあ~

 

 

 

 

・生活
スポンサーリンク
わんこをフォローする
スポンサーリンク
しばわんこの朝

コメント

タイトルとURLをコピーしました